So-net無料ブログ作成
検索選択

肌に優しい体の洗い方とボディケア [美容]

温泉1.jpg

年齢を重ねるごとに肌の水分量が減り、乾燥しやすくなります。それに加えてゴシゴシ体を洗ったり肌に良くない習慣があると、ますます悪化してカサカサや痒み、赤みに悩まされてしまうかもしれません。


今回はそうならないためのボディケアについて書きたいと思います。よろしければお付き合いください。


スポンサードリンク





お風呂での体の洗い方


硬いタオルを使ってゴシゴシ洗ったり垢すりをしている方がいますが、これは肌を傷つけてしまうためとっても良くありません。乾燥も進みますし、痒みや赤みの原因にもなります。


またボディソープや泡で出るタイプのものはとても使いやすくて便利ですが、界面活性剤が多く含まれていてそれが肌に残って痒みの原因になることがあります。なので、肌に優しい固形石鹸を使うようにしましょう。


体を洗う時はタオルを使って固形石鹸をよく泡立てます。又は、洗面器にお湯と固形石鹸の欠片を少し入れて手でかき混ぜるとモコモコ泡ができます。


できた泡をすくい取り、タオルなどは使わず手で優しく洗うのが一番肌に優しいと言われています。届かない背中などは柔らかいタオルで擦らずに撫でるように洗います。


よくゴシゴシ擦らないと洗った気がしないと言う方がいますが、外にさらされていて一番汚れる顔はタオルでゴシゴシしないですよね?泡で優しく洗うだけで十分汚れは落ちます。


スポンサードリンク





お風呂上がりのケアが大切


お風呂上がり直後は肌に水分が残っていますが、皮脂などが洗い流されているため肌の表面から水分が蒸発し、ほんの数分で一気に乾燥していまいます。


そのため顔と同じように体にも保湿剤を塗ることが大切です。夏などのあまり乾燥しない時期にはローションタイプを、冬の乾燥する時期にはクリームタイプを使うと良いです。


しかし、敏感肌の方はローションだと痒みや赤みが出る方もいますし、乾燥が強い方は夏でもクリームタイプを塗らないとカサカサしていまう方もいるので、自分に合った保湿剤を選ぶと良いと思います。


そして一番のポイントは、お風呂上がりに水分が蒸発する前に保湿剤を塗って水分を閉じ込めるということです。できれば3分以内に塗ると良いと言われているので、脱衣所に保湿剤を置いておきましょう。


また塗る時はくれぐれもゴシゴシは擦らず、優しく顔に塗るように馴染ませるようにして塗るようにします。


よろしければぜひ試してみてください。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(126)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 126

コメント 2

センニン

ご訪問 & nice! ありがとうございました。
また遊びに来ます。
by センニン (2016-02-23 21:23) 

アニ

はじめましてアニと申します。
先日は訪問ありがとうございました。
これからちょくちょくお邪魔させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします^^
by アニ (2016-02-25 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。